キュタフヤ陶器       SERAMİK

セラミックは、トルコの陶磁器を代表する焼物です。

ブルーモスクやトプカプ宮殿の壁画を飾るタイルは、
16世紀から17世紀初めにかけてイズニックを中心に盛んに製造されました。

その後、焼物の中心地は陶土が豊富にとれるキュタフヤに移り、
現在に至っています。

トルコの伝統的な花や葉、蔦などが描かれています。

いずれも手書きですので、同じ模様でも微妙に絵柄が異なっています。

成形から絵付けまですべてハンドメイドでお作りしております。

丁寧に描かれた一品は、もはや芸術品といえるでしょう。

¥8000以上送料無料:同梱OK!

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

69